年越しの除夜の鐘なら清水寺?整理券をもらうには?混雑予想は?

除夜の鐘つきの時のお寺の鐘
大晦日は全国各地で「行く年、来る年」除夜の鐘が鳴り響きます。

今年の大晦日は、世界遺産である京都清水寺の除夜の鐘を大切な人と一緒について、1年の締めくくりと1年の始まりを過ごしてみませんか?

スポンサードリンク

年越し 除夜の鐘といえば清水寺?

夜間ライトアップされた清水寺の舞台の様子
数ある世界遺産の一つ京都の「清水寺」。

「清水の舞台から飛び降りる」として有名な本堂は国宝、高さ18m、京都市内が一望できるスポットでもあります。

また境内に湧き出る名水「音羽の滝」は古来「延命水」、「黄金水」と呼ばれ清めの水として尊ばれてきました。

除夜の鐘は約530年前、室町時代から続いているそうです。

  • 年末の拝観時間
    12月31日 6:00~18:00 22:00~終夜開門
    拝観料¥300、夜間は¥400。

京都市内では除夜の鐘をつくお寺が何箇所もありますが、一般の人が参加できる所はごくわずかです。

清水寺は一般参加OKなので、整理券をゲットして大切な人と除夜の鐘を鳴らしましょう。

鐘をつくのは二人一組ですから、共同作業で愛を深めましょう!

スポンサードリンク

きっといい思い出になりますよ。

清水寺の除夜の鐘は整理券をもらうには?

清水寺の鐘楼の様子

  • 整理券配布
  • 配布日時:12月25日(日)
    配布場所:清水寺寺務所 9:00~
    ※1名につき1枚配布

この券がないと鐘をつくことができないのです。

一人一枚ですから、二人でお出かけくださいね。

確実に整理券を手に入れるためには早めに行く事をおススメします!

清水寺の混雑予想は?

大晦日の清水寺は、昼夜問わず大変な混雑具合です。

一旦18:00に閉門となり、22:00に再度開門、除夜の鐘つきは23:45~からです。

一番の混雑ピークは23:00~2:00頃で、境内はおしくらまんじゅう状態になります。

除夜の鐘整理券を手に入れても、混雑のあまり鐘楼に辿り着けない・・・そんなことにならないよう、22:00開門と同時に境内へ入ることは必須ですよ!

まとめ

京都の冬はきりきりと体を刺すように底冷えします。

清水寺でのカウントダウンには、しっかりした防寒対策が大切ですよ!

帽子やマフラーはもちろんの事、厚めタイツなどインナーを忘れないで万全の防寒対策で出かけましょう。

1年の〆と1年の始まりを大切な人と清水の舞台で!

素敵な思い出になりますように!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください