子供が腕を動かさない?小児肘内障の治し方と原因について


「子供が急に腕を上げなくなった」「手がぶらーんとなっている」「腕を使わないようにしている」

そんな状況なら【小児肘内障】かもしれません。

スポンサードリンク

子供が腕を動かさない?

小児肘内障とは、肘の関節が抜けてしまった状態のことを言い、整形外科を受診し問診を取ると「子供が急に腕を上げなくなった」というケースが非常に多いです。

5,6歳くらいまでの子供によく起こる症状です。

肘が抜けてしまっている状態で、肘がぶらーんと伸びて垂れ下がり、肘を曲げようとすると痛がります。

そんなときは、すぐにでも整形外科か接骨院へ行ってください。

小児肘内障の治し方は?

病院で医師の問診を受ける女の子
整形外科では、医師がきちんと問診を行ったのち、小児肘内障と医師が判断した場合は、レントゲンなども撮らずに診察時にその場で整復が行われます。

スポンサードリンク

整復時の一瞬は痛みを伴う場合もあるため、子供の意識を肘からそらしているうちの一瞬で整復する事が多いです。

整復が終わると痛みもなくなり、元のように腕を使えるようになります。

肘内障だけでなく、他の組織の損傷や骨折などの可能性がある場合は、必要に応じてレントゲン撮影などが行われます。

小児肘内障の原因とは?

小児肘内障は日常生活のなかで起こりやすい症状です。

どんな時に起こってしまうのかと言うと、「(お母さんが)子供の腕を引っ張ったあと動かさなくなった」とか「子供同士で遊んでいたら腕を上げなくなった」など、些細な原因で起こってしまうんですね。

まとめ

公園で手を繋ぐ母親と女の子
小児肘内障はふとしたことで起こるので、珍しい症状ではありません。医師の対処も慣れたものです。

でも、一度なってしまうとまたなりやすくなる傾向があります。

お子さんの手を強く引っ張らないように気を付けてあげてくださいね。

関節や骨が成長するにつれて症状は出なくなっていきます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください