糖尿病の予防方法とは?生活習慣の改善には?食生活の改善とは?

糖尿病の手帳と飲み薬
糖尿病は、生活習慣が大きく影響することが多い病気です。

そのため、食生活が乱れたり、運動不足になったりしやすい中高年からの発症が多いです。

糖尿病と言われると、「もうおいしいものが食べられない」「お酒もビールも飲めない」など、規制された生活をイメージしがちです。

しかし、生活習慣をコントロールすることで、今の生活を維持しながら健康的に過ごすこともできるのです。

スポンサードリンク

糖尿病の予防方法はどんなことをしたらいいの?

糖尿病は自覚症状がほとんどないので、健康診断などではじめて指摘され、不安になってしまう方が多いです。

しかし、きちんとした知識をもって生活習慣を見直すことで、糖尿病予備軍から糖尿病への進行を予防することができます。

また、糖尿病と診断されてしまっても、悪化や合併症を予防することができます。

一番大切なことは、規則正しい生活をすることです。起床時間・3食の食事時間・就寝時間を整えることが大切です。

規則正しい生活をすることで、肝臓での糖代謝を促します。そのことで、膵臓から分泌されるインスリンが効きにくくなることを防ぐ効果があります。

営業職などで食事時間が不規則になりがちな方は、食事時間を考えて仕事を進めていくことをお勧めします。

食事時間が重なるなら、次の営業先に回るよりもまずは食事を摂ってからがいいですよ。

糖尿病の予防に生活習慣の改善にはどんなことをしたらいいの?

ベッドの手前のテーブルに置かれた白い目覚まし時計
体内リズムに合わせた生活を送ることが大切です。接待などで夜遅くの食事や就寝となってしまうことがあるかと思います。

スポンサードリンク

しかし、人間はお日様のリズムに合わせて生活することが、体内に刻まれています。

朝、太陽とともに起床し、夜も日が暮れたら体を休める生活がベストです。

そうはいっても、そんな生活は現代人には無理ですよね。

そこで、1日は24時間なので、同じ時間帯に起床・食事・就寝ができる生活が好ましいです。

交代制の仕事をされている方には、起床・就寝時間を合わせることは難しいですが、そのときは、食事時間を合わせるように心がけてみて下さい。

糖尿病の食生活の改善にはどんなことに気をつけたらいいの?

お盆に乗った鮭とひじきの和食の定食
糖尿病の対策には、生活リズムを整えることが大切ですが、その中でも特に食事には注意したいところです。

つい摂取カロリーばかり気にしがちですが、食事内容が大きな問題になるのです。

営業職などの方は、とにかく早く食べられるもの・・と昼食は丼ものなどの単品メニューになりがちです。この単品摂取が大きな問題なのです。

飲む込むように食べてしまい、急激に血糖値を上昇させてしまいます。

そこで、定食をチョイスしましょう。食材も豊富なのでゆっくりと食べることができます。

できるかぎり野菜や海藻類を食べるように心がけて下さい。血糖値の急激な上昇を避け、満腹感も得られます。

まとめ

つい、これくらい・・と思っていて日々積み重なっていく生活習慣が、健康状態を悪化させてしまいます。

ちょっとした心がけで、生活習慣は改善できます。

健康な生活のため、毎日少しずつ気をつけた生活をして糖尿病を予防しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください