糖尿病の食事での注意は?カロリー計算は?献立のポイントは?

テーブルに置かれた色々な料理を前に悩む中年男性
糖尿病の治療で大切なことは、毎日の食事です。バランスやカロリーに注意して、食事を摂ることが大切になってきます。

ところが、治療のための食事だと思うと、「何を食べたらいいのかわからない」、「カロリー計算できない」などの悩みが出てくるのではないでしょうか。

食事は毎日のことなので、負担なく続けられるポイントを、現役看護師がお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

糖尿病の食事で注意点は?

糖尿病と診断されると、まず食事制限の指導を受けます。そうなると、食べてはいけないものがあると思ってしまいがちです。

油や砂糖、塩分などの調味料、アルコールも控えなければいけませんが、食べてはいけないものはないのです。

食事では『控えたほうがいい』ものはあるけれど、『ダメ』なものはないのです。

この微妙な違いを認識しておくことが大切です。

また同じように、これを食べれば糖尿病に効く食事というのもないのです。

このことが、毎日の食事で勘違いしてはいけないポイントなのです。

糖尿病の食事 カロリー計算は?

カロリーの一覧表の上に置かれたメモ帳とペン
あなたの1日の食事の摂取カロリー・単位数はどれくらいだと指導を受けていますか?

まず、毎日この量を目安にして下さい。それも1食でドーンを摂ってしまうことなく、3食でバランスよく摂ることが大切になります。

この計算が大変ですよね。まずは、食品の1単位の量を覚えてしまうことです。

スポンサードリンク
・ご飯 子供用茶碗で半分くらい(50g)
・食パン 6枚切り1/2枚(30g)
・たまご 小1個(50g)
・豆腐 1/2丁(140g)
・牛乳 コップ1杯、牛乳びん8割分(120g)
・バター、マヨネーズ 大さじ1杯弱(10g)

肉や魚の適量がどれくらいかわかりづらいと思います。魚は切り身で1切れ分、薄切り肉で片手分ほどです。

また、ジャガイモやかぼちゃはご飯やパンの仲間になります。食べ過ぎないように注意しなければいけません。

糖尿病の食事 献立のポイントは?

魚が主菜の和定食
定食のように、ご飯などの主食、肉、魚などの主菜、野菜ものの副菜、汁もののメニューになるのがベストです。

丼ものなど単品の献立は、栄養バランスが悪くなり、ご飯の量が多くなるので注意して下さい。

丼ものにするときは、丼に対してご飯は少なめにして、野菜サラダや野菜の煮物などを追加するといいです。

好きなもの、おいしいと感じるとついおかわりをしたくなりますが、おかわりはカロリーオーバーになってしまいます。おかわりだけは我慢して下さい。

また、柔らかめの食材、形態にすると、あまり噛まずに食べてしまいます。食感を感じられように食材を大きめに切ると、よく噛んで食べるので満腹感を得られます。

まとめ

食事は毎日のことです。制限食だと思うと、食事を作ることは苦痛になってしまいます。

忘れてはいけないことは、食べてはいけないものはないということです。

はじめは、カロリー計算が難しいと感じるかもしれません。腹8分目にして、バランスよく食べることからはじめて下さい。

それを意識していくうちに、カロリー計算もできるようになってきます。

食べてはいけないものはありません。無理なく食事作りを楽しめるようにしていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください