赤ちゃんと花火大会はいつから?耳は大丈夫?夜泣きする?

浴衣を着た夫婦と赤ちゃん
花火大会の時期がやってくると、毎年家族で見に行く人も多いと思いますが!

赤ちゃんが生まれたお家では、毎年恒例の花火大会を見に行けるかどうか?悩みますよね。

1歳頃の赤ちゃんを連れて行ってまで見るものかどうか?

賛否はあると思いますが、それでも家族で一緒に見に行きたいという方もいると思います。

この記事では赤ちゃん連れの花火大会の是非について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんと花火大会はいつから?

正直、何歳になったら花火大会に行けるというものはないと思うんですよね。

うちの場合ですが、長男が2歳のとき花火大会が近所だったので会場近くまでいきましたが、始まってすぐ泣いたので即帰ってきました。

ただ、抱っこの赤ちゃんでも花火の音が平気な子もいるんです。

なので実際に連れて行ってみないとわからないというのが結論かなぁと思います。

うちの場合は、3歳のときは少し滞在時間が伸びましたが退屈になり最後まで見れず、保育園の年長さんくらいになるとようやくまともに見れるようになったという感じでしたね。

連れて行ってみないとわからないですが、赤ちゃんの場合、花火の大きな音にびっくりして泣いてしまう子が多いと思います。

最初だけで慣れてしまう子もいるでしょうが、行くのであれば泣く前提で上手にあやしたり、泣き止ます手段を考えていくことをおすすめします。

あとは花火が始まるまで時間がかかりますし、機嫌よくいてもらうためにおもちゃやお菓子など準備していかなくてはいけませんね。

でも、できるなら1歳に満たない子を連れて行く場合は、音の大きな会場ではなく、少し離れて人混みが少ない涼しい場所から鑑賞することをおすすめします!

赤ちゃんが花火大会にいっても耳は大丈夫?

耳を塞いでいる小さな男の子
花火大会と言えば、あの迫力ある花火の音だと思います。

近くで聞くとわかりますが、体中に響きわたる爆音ですよね!これは正直大人でもびっくりすると思います。

小さな赤ちゃんの体ならもっと大きな振動に感じると思います。

スポンサードリンク

近くで花火大会を見ることはあまりおすすめしませんが、花火の音で赤ちゃんの耳や鼓膜がどうかなってしまうということはないそうです。

特に問題が出るわけではないということですね。これには安心しました!

でも、耳には影響はしませんが、大きな音にびっくりしてしばらくは泣き止まないかもしれませんし、大きな音が苦手になってしまうかもしれません。

小さな赤ちゃんを花火大会に連れて行くことは、赤ちゃんにとっては良いことではないということですね。

赤ちゃんが花火大会に行くと夜泣きする?

夜泣きする赤ちゃんのイメージイラスト
花火大会は花火がきれいなものですが、赤ちゃんにとっては爆音を聞くだけのただつらい時間になるかもしれません!

大きな音がストレスになったりする子もいるようです。

実際に花火大会の会場で小さな赤ちゃん連れの夫婦など見ますが、赤ちゃんはただぎゃん泣きしている子が多いです。

大きな音はそのときだけでなく、その晩眠ってからも夜泣きの原因になるかもしれません。

そもそも夜に始まる花火大会は終わる頃には、普段ならもう赤ちゃんが眠っている時間です。

睡眠のサイクルがくるってしまうと、寝付きが悪くなったり夜泣きの原因になることもあります。

真っ暗な中大きな音とともに、きらきらとまぶしい光が見える花火は、赤ちゃんの頭の中に強く残るようですし、夜中に突然泣き出したりして、普段静かな子が夜泣きしたらママも大変だと思います。

赤ちゃんにとって花火大会というのは、大きな音でストレスを感じる場所なんだと思います。

ママだってできれば夜泣きはされたくないですよね。

まとめ

花火大会で花火をきれい!と感じれる年齢って最低でも3~4歳くらいじゃないでしょうか?

1歳くらいの赤ちゃんが花火を見たとしても、それを喜んで見ることより大きな爆音と騒音、蒸し暑さなどの不快感のほうが大きいと思います。

赤ちゃんが楽しめると思って花火大会に連れていくのなら、もう少し大きくなってからにしたほうがいいでしょう。

1歳くらいの子が花火大会に行っても、それを大きくなって覚えているかというとたいていは覚えていません。

思い出になるくらいの月齢になってからのほうが子供も大人も楽しめますよね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください