鍋のあくのこびりつきの取り方は?重曹の使い方は?メラミンスポンジは?

汚れのこびりついた鍋
豚の角煮や、鶏肉の煮物などを作ったあとの鍋に、
あくがこびりついてなかなか取れない時ってありませんか?
洗剤を付けたスポンジでゴシゴシこすっても、
お湯につけてまたゴシゴシこすっても全然とれない!!

そんな時に、とっても便利なものをご紹介します!

スポンサードリンク

鍋のあくのこびりつきの取り方は?

キッチンに置かれた重曹とスポンジ
鍋にこびりついたあくは、本当に手ごわいですよね。
このあくを落とすには、重曹を使うのがオススメです。
近ごろ、安くて汚れがよく落ちるらしいと、巷でもナチュラルお手入れに人気ですよね。

重曹とは、炭酸水素ナトリウムの白い粉で、油を分解する性質をもっています。
これを使って落とすと、驚くほど簡単にあくを落とせてしまいますよ!

重曹で鍋のあくのこびりつきが落とせる?

重曹を使ってあくを落とす方法は、まず鍋に、
あくが付いているところがかぶるくらいの水を入れます。
そこに、重曹を大さじ1~2杯入れて、火にかけて沸騰させます。
泡が消えたらお湯を冷まして、そのあとにスポンジでこすってみてください。

スポンサードリンク

あくだけでなく、茶色く染みついた汚れなんかも一緒にさっぱりと落とせてしまいますよ。
重曹の量は厳密に計らなくても大丈夫なのでお水の量に合わせて調節して下さいね。

重曹はスーパーやドラッグストアなどで簡単に手に入りますのでぜひ試してみてください。
ただし、アルミの鍋には
化学反応を起こして黒ずんでしまうことがあるので使わないでくださいね。

メラミンスポンジが鍋に使える?

メラミンスポンジを持つ手
重曹が今手元にない!というときには、ステンレス鍋にはメラミンスポンジも使えます。
それほどひどくないならメラミンスポンジでこすってもあくを取ることができます。

ただ、メラミンスポンジは、粒子の堅いプラスチックでできているので、
ホーロー鍋のガラスコーティングや、アルミ鍋のアルマイト加工を
傷付けてしまう恐れがある
ため、それらの鍋には使用しないでくださいね。
ステンレスの鍋でお試しください。

まとめ

重曹って聞いたことはあるけど、
いまいち使い方がよく分からない・・・という人もいるかもしれません。
重曹は、食品にも使われているものなので、
口に入っても害はありませんし、手にも優しいんですよ。

まだ使ったことがない人も、是非これでしつこいあくを取ってみてくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です