母の日と父の日をペアで!いつ渡す?プレゼントは?カタログギフトは?

父の日&母の日の筆文字
5月には母の日、6月には父の日。

母の日と父の日はわずか一月ほどしか離れていません。

それならいっそ一緒にやってしまいましょう。

スポンサードリンク

母の日と父の日をペアで!いつ渡す?

母の日は父の日よりも先に来ますし、日本中で盛大にPRするため、気づかないことはほぼないでしょうが父の日はどうしても忘れられがちになっているようです。

大事なご両親ですから、どちらにも感謝を伝えたい気持ちは同じなのですが母の日の一大イベントをこなしたあとは気が抜けて、ついつい父の日を忘れてしまうんですよね。

そうならないために、母の日と父の日は一緒にやってしまいましょう。

一緒にやるからには、ペアでの贈り物を考えてみるといいかもしれませんね!

渡すのは、母の日か父の日のどちらでもよいでしょうが、日程的に母の日のほうが先に来るので、母の日に合わせてするほうがよさそうです。

必ずしも母の日、父の日に限定せずとも、あなたが家に帰れる日で構わないでしょう。

その際は、電話や手紙なりで「いついつ帰るからその時に母の日と父の日をさせてもらうね」と伝えておくことが大事です。

ご両親は何よりあなたの顔を見ることが一番の楽しみなんですよ。

母の日と父の日にペアでプレゼント?

デザインペアグラス
母の日と父の日に何かペアでプレゼントを・・といっても難しいですよね。

お二人が共通の趣味を持っている場合、たとえばゴルフなら、おそろいのグローブやウェアもいいですね。

スポンサードリンク

健康のためにウォーキングを始めた、という素敵なご夫婦ならばペアのキャップやシューズなど。

また、お酒が好きなご両親ならペアのグラスなども喜ばれるでしょう。

カタログギフトも両親に喜ばれる?

温泉につかっている老夫婦イラスト
「プレゼントしようにも、毎年何かしらあげているから  もうネタもつきてしまって何をあげたらいいかわからないんだよね」という場合があります。

何が欲しいか聞いたところで「何でもいいよ」「何もいらないよ」と言われるのがオチですし、困ってしまいますね。

そんな時は、カタログギフトという手があります。

最近ではカタログギフトそのものも珍しくなくなってきていますので、ありきたりなカタログギフトならば、もらってもそれほど嬉しくないかもしれません。

そこで『体験カタログギフト』はいかがでしょうか。

食事や温泉旅行、クルーズ、ゴルフなどちょっと贅沢な体験ができるギフトなのです。

◆ JTB選べるカタログギフト
http://item.rakuten.co.jp/giftroom/cc-1/

これなら好きな体験を選んでもらえるので喜んでもらえること請け合いです!

まとめ

母の日と父の日。毎年頭を悩ませてプレゼントを考えるのも一苦労ですね。

せめて母の日と父の日くらいは何かプレゼントしたいものです。

それくらいしか親孝行できないし、どうせ贈るからには両親の喜ぶ顔が見たいですよね。

せっかくの母の日と父の日なのですから、感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

ちょっと気恥ずかしいですけど感謝の手紙なんか添えてみるのも悪くないと思いますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください