梅雨の洗濯物を乾かす部屋干しのコツは?サーキュレーターを使うと?

部屋干しした洗濯物が乾かなくて困っている若い女性
雨が続き、じめじめと湿度の高い、梅雨の季節。
何かと気分が滅入りがちですが、主婦にとっては頭の痛い問題もありますね。
それは洗濯物。

毎日家族の分だけ出る汚れ物。
乾かないからといって、洗濯しないわけにはいきませんよね。
避けられない家事ならば、なるべく効率的に終わらせましょう。

梅雨時の洗濯のコツをお伝えします!

スポンサードリンク

梅雨の洗濯物を乾かすには?

窓を開け室内の換気をしている女性のイラスト
雨の続く梅雨の時期は、洗濯物を外に干すことができませんね。
部屋の中に干すとしても、湿度が高く、なかなか乾かないのが悩みの種。

基本的に、洗濯物を早く乾かすには、温度は高くて湿度は低い状態が理想。
ということは、クーラーを利用すれば、室温と湿度を管理することがきます。
電気代はかかりますが、どうしても早く乾かしたい場合には有効です。
今は洗濯機に乾燥機能がついているものも多いので、それを活用するのもよいと思います。

なんとなく外の方が湿度が高いイメージで、窓を閉めきっている場合もあるでしょうか。
しかし、実際は逆で、
換気をした方が空気にも動きができて、風が通る事で洗濯物が早く乾きます。
雨が入ってこない窓を開けるとか、ちょっとした晴れ間に換気をするのがいいでしょう。
出来る限り、洗濯物を干している部屋は開け放つのが正解です。
ドアも開けておくようにしましょう。

梅雨の部屋干しのコツって?

部屋干しでの洗濯物の干し方にも、ちょっとしたコツがあります。
とにかく洗濯物と洗濯物の間に隙間をあけて干す、というのが基本。

ハンガーは針金などの幅の薄いものではなく、
木製などの厚みのあるものの方が空気が通るので早く乾きます。

スポンサードリンク

隣の洗濯物との間は、10センチ程度開けるのがよいでしょう。

小物干しには、長いものと短いもの、厚いものと薄いものを互い違いに干すと、
洗濯物の間に隙間ができます。

バスタオルなども重ねて干したりせず、
100円ショップでも売っているバスタオル用のハンガーが便利。
広げて干せる上に、干す場所も取りません。

ジーンズなどの厚手の生地は、ひっくり返して干すとポケットの部分も早く乾きます。
ジーンズの裾や、トレーナーの袖の部分などには、
空のペットボトルなどを入れて干すのもいいようです。

また、一箇所に干すのではなく、あちこちに分散させて干すのがいいでしょう。
そのためにも洗濯物を溜めずに、こまめに洗濯するのがおすすめです。

梅雨にサーキュレーターが便利?

サーキュレーター
洗濯物の干し場所に困ったら、突っ張り棒を使うと便利です。
どこにでも干す場所を作れます。
洗濯物は水を含んで意外と重いので、耐荷重に注意して選んで下さい。

そしてクーラーのない部屋に干す場合、サーキュレーターという家電が便利です。
扇風機と同様、風を送る装置なのですが、扇風機よりも可動域が広く、
さらに、集中して空気を送る事ができます。

洗濯物にサーキュレーターで風を送ると、
電気代があまりかからず、早く乾かすことができます。
また、部屋の空気を循環させることもできるので、併用するとクーラーもより一層効果的に。
扇風機でも代用できないことはないのですが、
空気の循環という面から見るとサーキュレーターに軍配が上がります。
夏場の冷房や冬場の暖房の効率も上げる事ができるので、1つあると便利ですよ。

まとめ

梅雨だからと洗濯物を溜め込んでしまうと、まとめて干す事になりより乾きにくくなります。
そうならないようにこまめに洗濯をし、分散させて干すことで、早く乾かす事ができます。

梅雨は億劫ですが、梅雨が明ければ眩しい夏が訪れます。
ちょっとしたコツを使って面倒な洗濯物を片付けたら、夏はもうすぐそこまで来ています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください