洗面所の掃除のコツと方法は?簡単にきれいを保つ方法とは?

洗面所を掃除している若い女性
もうすぐ新生活ですね。緊張しつつも期待に胸躍らせる新生活。
一日の始まりは気持ちよく迎えたいものです。

でも、一日の始まりに必ず使う洗面所が汚れていると
なんだか気持ちもどんよりしませんか?

そこで今回は、きれいで爽やかな洗面所で一日のスタートを皆さんが切れるよう、
洗面所掃除のコツを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

洗面所の掃除のコツとは?

重曹とクエン酸
まず、洗面所につく汚れには以下のような種類があります。

■ 水垢やカルキなどの汚れ(白っぽい汚れ)
■ 手垢などの汚れ(黒っぽい汚れ)
■ 赤シミ

水垢やカルキなどの汚れはアルカリ性、手垢などの汚れは酸性の汚れです。
また、赤シミはバクテリアが原因で発生します。

このように、洗面所の汚れには性質の異なるものが存在するのです。

そこで、洗面所掃除に効果的なものが重曹クエン酸です。

酸性の性質を持つクエン酸とアルカリ性の性質をもつ重曹を使うと
汚れがよく落ちると言われています。

また、赤シミに効果的なものはメラミンスポンジとも言われています。

このように、汚れの性質に応じた掃除方法を行うというのが
洗面所掃除のひとつのコツと言えますね。

洗面所の掃除の方法は?

クエン酸を吹きかけて洗面台を掃除をしている女性の手元
それでは、具体的にどのような方法で
重曹、クエン酸、メラミンスポンジを使えばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

まず、重曹とクエン酸に関してですが、
洗面ボウルのくすんだ汚れは重曹の粉を振りかけてスポンジでこすります。

排水溝などの細かい部分は古い歯ブラシを使うと便利です。

蛇口などについている白いうろこのような汚れは水垢です。

こちらには水250mlに対して小さじ1~2杯のクエン酸を
溶かしたクエン酸水を噴射してスポンジでこすると綺麗に取れます。

塊にまで水垢が成長している場合はキッチンペーパーにクエン酸水を吹きかけ、
塊がある部分にパックのようにのせます。

1時間程置き、汚れが緩んだら一気にこすり落としましょう。

赤シミの汚れは、メラミンスポンジに中性洗剤をつけてこすると綺麗に落ちるようです。

それぞれ掃除後は丁寧に洗い流し、からぶきしましょう。

洗面所の掃除を簡単にするには?

ここまで書いてきた掃除方法を行えば洗面所は綺麗になります。

でもなかなか時間がない、もっと簡単に掃除したい、という人もいると思います。
そこでもう少し簡単な掃除方法もご紹介します。

排水溝は歯ブラシで10秒程度軽くこすり水で流します。
水垢等もついてすぐなら歯ブラシでついでにこすってしまいましょう。

この程度なら、毎晩歯磨きのついでにささっと出来てしまいますよね。

また、普段から汚れをつけないように気をつければ掃除は一段と楽になります。

洗面所を使うたびに水滴をふき取れば水垢は出来ません。
洗面所の端に小さいタオルを置いておくと便利ですよ。

排水溝の髪の毛もこまめに取っておけば匂いの原因も取り除けますよ。

まとめ

洗面所の汚れには様々な性質のものが存在します。
汚れの性質に合った掃除方法を行うことが洗面所掃除のコツです。

重曹、クエン酸、メラミンスポンジはどれも100均などで手に入ります。
揃えておき、うまく使い分けて綺麗な洗面所を手に入れたいですね。

また、掃除が面倒な人は
普段から汚れをつけないよう心がけることも大切なようですね。

みなさん、綺麗な洗面所で気持ちの良い1日のスタートを切りましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください