節約レシピ使い回し料理は?シチューの材料で?シチューリメイクが簡単?

美味しそうなクリームシチュー
「給料日まで、あと5日…」

家計簿やスーパーの特売チラシと睨めっこしながら、
「あー何か簡単に沢山作れて、数日食べても飽きない家族も喜ぶ料理がないかしら…」
と悩んでる奥様!ありますよ!
1つの料理を使い回して、5品に変身する料理があるんです。

節約のレシピ 使い回しの効く料理といえば?

パソコンでシチューのアレンジメニューを探しているイラスト
使い回しの効く万能料理といえば ” シチュー ” です。
まずは市販のルーを使い、普通のシチューを作ります。
シチューはリメイクでいろんな料理にアレンジできるんですよ。

1品目◆出来立てシチュー

2品目◆シチュードリア
ケチャップライスにシチューをかけ、
チーズを乗せて焼くと”シチュードリア”の出来上がり!

3品目◆クリームコロッケ
適量のルーのみフライパンへ移し、火にかけながら
ゼラチンと小麦粉を少しづつふるい入れボタッとする位まで固くする。
シチュー具を細かく刻んだ物を混ぜて冷蔵庫で半日冷やす。
この種を形成し、衣をつけて揚げると”クリームコロッケ”の出来上がり!

4品目◆カルボナーラ
適量のルーのみフライパンへ移し、チーズを足して
少しの牛乳でソースを緩めてパスタに乗せます。
卵の黄身と黒こしょうをかければ”カルボナーラ”の味が!

5品目◆クリームソースオムライス
オムライスを作り、ルーのみを水と牛乳で緩めたソースとして使う
”クリームソースオムライス”です!

スポンサードリンク

シチュー材料おすすめは?

じゃがいもや玉ねぎといったシチューの食材
このシチューの使い回し料理に必要な材料を紹介します。
(2人分の場合)

◆市販のシチューのルー1箱半
◆牛乳
◆じゃがいも
◆人参
◆玉ねぎ
◆鶏肉
◆加熱用チーズ
◆卵(オムライスとカルボナーラに使用します)
◆コーン(コロッケに入れると美味しいです)
◆しめじ(カルボナーラやオムライスのソースの具材として)
◆ベーコン(ドリアとオムライスのご飯に合わせる具材として、
カルボナーラのソースの具として)
◆ゼラチン(コロッケに使用)
パン粉、小麦粉、黒こしょう、パスタ等は、自宅に常備されている物が無ければ揃えて下さい。

シチューリメイクを簡単にするコツは?

<その1>
全部のベースとなる基本のシチューを作る際、”具材は気持ち少なめに!
具材を楽しむのはドリアまでです。
クリームコロッケを作る時に残りの具材を使い切るようなイメージです。

<その2>
シンプルなシチューに後足しの具材
基本のシチューにブロッコリーや白菜、シーフードなど入れたいですよね?
でも1番最初に作るシチューには入れずに、ドリアの時だけブロッコリーを乗せる。
出来立てのシチューに白菜やシーフドを入れる場合は、
別の鍋に移してから合わせる等のイメージで。

<その3>
料理を始める前にしっかりシチューを温め直す
ベースのシチューをいくら冷蔵庫で保管していても
食中毒が怖いので毎回「加熱処理」を行いましょう。

まとめ

我が家ではシチューを作ると「給料日が近いね(笑)」
と言われる位に定番の献立ローテーションです。
買い物の数を出来るだけ減らしつつ、
毎日変わった料理が食べたい皆様にぜひ試して頂きたいです。
また、具材を食べきったルーだけなら冷凍保存で1週間ほど持ちますので、
別の日に使い回す事も出来ますよ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください