もち米と炊飯器でおはぎ作り?ご飯を使うと?あんこは?

美味しそうな手づくりおはぎ
おはぎって美味しいですよね!

私は特別、和菓子好き・・って訳ではありませんが、
あんこのおはぎは大好きで、たまに熱い緑茶と一緒に食べたくなります。

おはぎの定番と言えば、あんこときなこなのではないでしょうか?

今はスーパーで年中、購入する事ができますが
「やっぱり自分で作った手作りおはぎが一番美味しい!」
ということで、自宅であんこから作ってみましょう。

スポンサードリンク

もち米を炊くのに炊飯器が利用できる?

炊飯器で簡単にもち米が炊けるイメージイラスト
先日、初めてもち米からおはぎを作ってみました。

もち米すら購入するのも初めてで、何も下調べもせず、
スーパーで思いつきで購入したので少し不安もありましたが、
炊飯器を使えば出来そうだなーなんて、軽い気持ちでまずはもち米を購入しました。

自宅ではまず、ご飯を炊くのと同じ要領でもち米を炊いてみる事にしました。

本来は、少しもち米を水に浸してお水を吸わせると良いと思いますが、
私は軽く洗って、おこわのメモリまで水を入れて、
そのままおこわコースでスイッチオン!!

炊きあがったもち米は想像通り、しっかりと炊けていて何とか成功!!

これをどうやってお餅にしようか、考えました。

ボールに入れて、製菓用の棒で叩いてみましたがこれでは、時間がかかりそう・・。

段々疲れてきました。

そこで!ホームベーカリーの生地づくりコースで、もち米を捏ねてみる事にしました。

するとこちらも大成功!!とっても簡単にお餅を作る事ができました。

ただ、少し水分が多かったようで、若干ユルイお餅になってしまいました。

なのでお水は正確に測った方がよさそうです。

もち米とご飯を混ぜておはぎを作るには?

私はもち米だけで作ったのですが、
普通のご飯を混ぜたりもち米は使用せずご飯だけで作る方法もあります。

スポンサードリンク

ご飯を使用する場合には、
わざわざ炊かなくても余った冷ご飯を利用できるという点は嬉しいですね。

これなら手軽におはぎを作る事ができます。

冷ご飯はレンジでチンして温めておきましょう。

もち米とご飯を混ぜる場合も同じですが、
ホカホカの温かい状態で突いて捏ねる事で、捏ねやすくまとまりやすいと思います。

ご飯だけでも捏ねる事でもっちりとした触感が生まれ美味しいと思いますが、
個人的にはやっぱりもち米を混ぜる事で、一層もっちり感が出て美味しいです。

おはぎのあんこの作り方とは?


そして、おはぎ作りに欠かせないのは「あんこ」です。

あんこは使用せず、きなこだけだったりごま砂糖をまぶしただけでも美味しいですが、
やっぱ緑茶に合うのはあんこです。

スーパーでは缶詰であんこが売られていているので、
簡単にあんこを作りたい場合は缶詰を利用しても良いですが、
小豆を買ってきてあんこを手作りする事で、甘さ調整も自分好みに出来ますし、
たっぷり出来上がるので缶詰よりもお得だと思います。

あんこを作るのはとっても簡単で、まずは小豆を煮れば良いだけという手軽さです。

私はいつも圧力鍋を使用します。

なので、短時間であっという間にあずきが炊き上がります。

普通の鍋を使用して、弱火でコトコト煮るのも良いですね。

寒い時期には、お部屋の暖房としても一石二鳥です(笑)

炊き上がった小豆は、砂糖と塩で味を見ながら自分好みに仕上げます。

塩は少しづつ入れる事をお勧めします。

私は少し塩味が聞いてる位が好きですが、最初から多く入れすぎてしまい、
しょっぱい感じのあんこが出来上がってしまった経験があります。

ですので、味付けは慎重に!

まとめ

売られているおはぎは甘さが強くて苦手という人でも、
自分で作る事で甘さ控えめに作る事が出来ます。

そういった調節が出来るのが手作りの最大のメリットではないでしょうか。

手作りの場合は、安く大量に作る事ができるので、
親戚や友人などみんなが集まる際の一品としても良さそうですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です