疲労感と倦怠感の原因は?病院で診察と薬をもらえば軽減できるの?

疲労感でベッドから起きられない助成
急に朝起きると身体に力が入らない、昨日は疲れたことをしたわけでもないのに
疲労感と何もする気が起こらない倦怠感がある。

そんな症状がでると不安になります。

今回は疲労感・倦怠感の原因と対策について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

疲労感と倦怠感の原因はなに?

今まで普通に会社に行けていたのに、朝起きるとなぜか立ち上がれないほどの疲労感と
会社に行く気力さえもなくなるほどの倦怠感を味わうと戸惑ってしまいます。

「なぜ?」「何が原因?」と答えをみつけたくなります。

疲労感には2通りの考え方があります。

1つは運動などの筋肉的な疲労感
もう1つは仕事上での長時間の労働やパソコン操作、残業などによる
筋肉+精神的な疲労感です。

運動をした時の疲労感は疲れているが爽快感もあり心地よさを感じますが、
精神的な筋肉疲労は運動に比べると朝起きた時には疲労感+倦怠感が感じる時が多いです。

朝起きた時に十分な睡眠をとって
疲労感や倦怠感がなくなっている場合は一時的なものなのですが、
朝起きても疲労が回復されていなかったり倦怠感がある症状が長く続くと
筋肉を使った疲労ではなく、ストレス等が絡んでいる精神的疲労や病的だと考えられるので
一度病院を受診する事をオススメします。

疲労感と倦怠感は病院で診察してもらうのがいいの?

病院で診察を受けている女性
疲労感や倦怠感を感じている人は多くいます。

しかしその症状が長く続くと自分でも不安になり、
「どうしたんだろう」「なんかの病気だろうか?」などと
嫌な事ばかりを考えてしまうものです。

スポンサードリンク

疲労感と倦怠感だけで受診するのは行きづらいですが、
病気が隠れている場合もあるので早目の受診が必要です。

はじめに行く病院は一般内科をオススメします。

緊張せずに症状も話せるので、
できれば風邪などで通っているかかりつけの内科がいいです。

内科で受診する基本的な受診内容は問診・触診をし、
その後で血液検査や検査をする場合もあります。

その結果で病気が発覚すれば専門医に引継ぎされます。

何も病的なものが見つからない場合はストレスやこころの病気の可能性もあるので、
心療内科や精神科を紹介される場合があります。

疲労感と倦怠感は薬を飲む事で軽減される?

薬を飲む女性
病院に行くとほとんどの所で薬が処方されます。

精神的な疲労感と倦怠感は、ストレスや心理的ストレスから生じる場合が多く
会社に行こうとすると気分が悪くなったり、やる気が起こらないなどの症状が見られます。

そんな場合に処方される薬は、寝れない場合には睡眠薬
ストレスなどに効く抗うつ薬・自律神経調整薬などが処方されます。

睡眠薬が処方されるのには、
自分が眠っているつもりでも眠りは浅く何回も起きる場合がありますが、
睡眠薬を用いることで深く眠れるので疲れがとりやすくなります。

質の濃い眠りをとることで体調もかなり軽減されます。

このような薬を取り入れることでかなり症状は軽減され身体も楽になります。

薬を服用しながら、自分のストレスを解消できる生活を送ることが重要です。

まとめ

疲労感と倦怠感は社会に出ると一度は訪れてしまうかもしれません。

一日十分な休息をとり、次の朝に疲労感も倦怠感のない人は大丈夫です。

しかし次の日も又次の日もと同じ症状に襲われる時は、
自分1人で考え込まずに病院を受診して他人の助けを受けるのもいいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください