花粉症にも種類があるって本当?特徴は違うの?予防は同じでいいの?

くしゃみと鼻水で困っている女性
「花粉症にも種類がある」って、聞いたことがありますか?
花粉症とほぼ同じアレルギー症状があるらしいです。
今回はその花粉症に似た症状をもつものがなんなのか特定したいと思います。

スポンサードリンク

花粉症にも種類があるって本当?

花粉症はアレルギー性鼻炎の一種です。アレルギー性鼻炎には、
季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)通年性アレルギー性鼻炎の2種類があります。

花粉症があまりに目立ってしまい、通年性アレルギー性鼻炎を
花粉症の種類だと勘違いしてしまいがちですが、実はそれは間違いです。
アレルギー性鼻炎に花粉症と通年性アレルギー性鼻炎の2種類があるということです。

この2つはメカニズムも一緒で、主な原因は抗原抗体反応によるものです。
体内に侵入した異物(アレルゲン)を敵と判別した時点で抗体が作られ、
その抗体と肥満細胞がくっつきます。
そして再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からアレルギー誘発物質が放出されて
脳に「アレルゲンを排出しろ」という指示がでて、
クシャミや鼻水などのアレルギー反応を起こすのです。

花粉症の特徴とどう違うの?

スギ花粉のイメージイラスト
ここでは、花粉症に似た症状と言われている通年性アレルギー性鼻炎と
花粉症の特徴をそれぞれ確認していきたいと思います。

◆季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)
一番の特徴はアレルゲンが花粉だということです。
花粉のみなので「花粉症」と呼ばれています。

スポンサードリンク

花粉は季節によって色んな種類のものが飛散しますが、
花粉症の人は全て同じ花粉にアレルギー反応を起こすのではなく、
特定の花粉にのみアレルギー反応を起こします。

例えば、春に飛散するスギやヒノキがアレルゲンの花粉症の人は
症状が起こるのはスギやヒノキが侵入した時だけで、
秋に飛散するブタクサなどにはアレルギー反応はでません。
逆に秋のブタクサなどがアレルゲンの人は春には症状が起こりません。
自分に特定のアレルゲンが飛ぶ季節だけ花粉症になるというわけです。

◆通年性アレルギー性鼻炎
アレルゲンはダニやホコリなどのハウスダストやペットの毛
季節を問わず一年中症状が出ているのが特徴です。

花粉症の予防と同じでいいの?

花粉症対策のメガネとマスク
上記で特徴がわかったところで予防方法を紹介したいと思います。
しかしアレルゲンの違いで予防方法も変ります。

花粉症の場合は花粉が原因なので、花粉が飛散する時期には
眼鏡やマスク、スカーフや帽子などで花粉の侵入を防ぎます。
花粉が飛散している時は窓は開けず、布団や洗濯物は室内で干すようにします。

逆に通年性アレルギー性鼻炎の場合は窓を開け布団を干し、掃除をし、
原因であるハウスダストなどを外に放り出してください。

予防策も原因が違うだけでこんなにも予防法が変るので、
自分がどのアレルゲンに反応するのか知っておくのも必要です。

まとめ

花粉症はアレルギー性鼻炎の種類の1つなのですが、
通年性アレルギー性鼻炎と症状もほぼ同じです。
タイプが違うだけで予防方法がこんなにも違うと、
予防をしているのか、悪化させているのかわからなくなってしまいます。
症状が同じだと自分では判断しにくいので病院で検査をし、
花粉症なのか通年性アレルギー性鼻炎なのか確認する必要があります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です