花粉症の洗濯対策!効果的な方法は?柔軟剤?洗濯物と布団には?

外に布団と洗濯物を干しているイラスト
暖かくなってくると、花粉症で辛い症状が・・・。
もはや国民病とも言われる、花粉症。
もう外に出たくない!というのが本音ですよね。

外出にはマスクやゴーグルといった対策をしている場合でも、
意外と盲点になり、対策がなされていないと感じるのが「衣服に付着した花粉」。
外出先から衣服に付着して、花粉を持ち込む場合もありますが。
もう一つの問題としては、洗濯物に付着した花粉です。

スポンサードリンク

花粉症の洗濯対策!効果的な方法は?

洗濯物をばたばたして花粉を振り落としてから取り入れている女性
花粉症の時期は部屋干ししている、という方は多いでしょう。
花粉が飛んでいる屋外に干さないわけですから、花粉が付着する可能性は低くなります。
基本的な対策ですがやはり効果的なようです。

それでも「やっぱり洗濯物は外干ししたい!」という場合もあるでしょう。
その際に、花粉の飛散が少ないとされている、
深夜から早朝にかけて外干しするという方法もあります。
しかし、実はこれはあまり効果がないんだとか。

そもそも花粉が放出される量のピークがお昼頃なので、
それを避けようという方法なのですが。
一度放出されたスギ花粉は、空気中を飛散していきます。
道路に落ちた花粉が風で舞い上がり、夜中に干してる洗濯物に付着する事も。
結局のところ、昼だろうが夜だろうが、風があればスギ花粉は飛んでいくのです。

しかし、あまりに簡単なので侮られがちな方法としては、
外干しした洗濯物を取り込む際に、
洗濯物をバタバタとして花粉を振り落としてから取り込む方法。
材質や衣服の種類にもよりますが、
なんと付着した花粉を5割ほども減らすことができるんだそうです。
お手軽な方法なので、ぜひ試してみたいですね。

スポンサードリンク

花粉症の洗濯に柔軟剤が効果あり?

洗濯中にできる対策としては、意外なようですが、柔軟剤を使用すること。
衣服に花粉が付着するのは、静電気が原因。
洗濯の際に柔軟剤を使用すれば、衣服に発生する静電気を防ぐことができ、
結果として、付着する花粉を減らすことができるんだとか。
これもまた、お手軽で効果も高い方法ですので、取り入れていきたいですね。

さらに、衣服の材質によっても、花粉の付着を減らす事が出来ます。
フリースやニットのように、表面がボコボコしていて、さらに静電気も発生しやすい素材は、
花粉が非常に付着しやすいので、花粉症の時期には避けるべきでしょう。

ポリエステルなどの化学繊維や綿といった、
ツルツルとした素材で出来た衣服がおすすめです。

花粉症の洗濯物と布団にはどんな対策法?

干している布団のまわりを花粉が飛んでいるイラスト
洗濯物と並んで外干ししたいものに布団があります。
外に干した後、布団たたきでバンバン叩くというのは避けましょう。
花粉が布団の中に入り込んでしまい、逆効果になってしまいます。
叩くのではなく、表面を優しくなでるようにして、花粉を落とすと良いでしょう。

また、可能であればシートのようなものを被せてから干すと、
付着する花粉の量を減らせます。

さらに、取り込んでから布団に掃除機をかける事で、付着した花粉を取り除くことができます。
掃除機が面倒な場合は、一般的にコロコロと呼ばれている粘着カーペットクリーナーでも、
表面についた花粉を除去できます。
もちろんこの方法は、布団だけではなく洗濯物にも応用できますよ。

まとめ

花粉の時期だからといって、洗濯するのも億劫で引きこもり・・・とならないように。
手軽にできる、さまざまな対策を利用してみましょう。
綺麗に洗濯された、お気に入りの衣服を身にまとって、
花粉に負けず、快適に過ごしたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください